あなたのチームは、
もっとパフォーマンスを
上げられる

無料・有料お申込資料ダウンロード紹介動画

誰だって最高の
仕事がしたい!

私たちは誰もが成果が上がるチームを実現し、最高の仕事がしたい。
優秀な人材を採用し、適材適所で人材を活かす。それができるなら理想的…
しかし、現場のリーダーに突きつけられる現実は、
「今いるメンバーでどこまで戦えるチームを作れるか」
NaviLightはあなたのチームのパフォーマンス向上を支援します。

ナビライト画面イメージ

NaviLightは科学的検証に
基づいた
チームパフォーマンス
向上支援ツール
です

NaviLight(ナビライト)は、チームの活動状態と実証研究から特定したチームパフォーマンスを高める9つの要因の状態が把握できます。
今のあなたのチームにとって必要な要因を意識した取り組みを行うことで、チームのパフォーマンスを高められます。

step1

メンバーは51の問い
チャレンジ

PC・スマホどちらからでも簡単に
回答できます。

PC・スマホどちらからも回答しやすい
step2

チームの状態
パフォーマンス向上ポイント
をチェック

回答完了と同時に結果がメンバーに届きます。

パフォーマンス向上ポイントイメージ図
step3

対話を通じて
納得感ある施策を立案

結果に応じて示される「問い」を活用し、
私たちは何を重視して取り組んでいけば
よいのかを対話を通じて考えます。

イメージ図

NaviLightが
ご提供する価値

1チームの状態がわかる1チームの状態がわかる

だからNaviLightは
あなたの力になれる

少人数・異なる職種でも
実施可能

実施は4名以上から、チームは部署だけでなく、委員会や多職種共同プロジェクトなど幅広い場面での活用が可能な設問構成になっています。

さようなら
意味のない犯人探し

メンバーの一人ひとりが診断結果を「誰かの責任」ではなく「自分の問題」と捉えるために有効な問いを提供、チームでの効果的な対話をサポートします。

好きなときに
好きなだけ再チャレンジ

1年に一回の診断じゃ日々のマネジメントには使えない。診断は現場の判断で気軽に何度でもできるよう、契約期間中、チャレンジし放題。管理者は各チームの実施状況を一覧で確認できます。

2.5分でわかるNaviLight

ご利用人数15人まで、
20日間無料で体験できます

無料・有料お申込
資料ダウンロード

NaviLightをご検討・導入後の方へ

活用方法

活用方法イメージ写真

多職種コラボレーションを成功させてイノベーションを生む

人口減少、働き方の多様化の中で、生産性向上が急務となり「これまでと同様のやり方」は通用しなくなっている認識はある一方で、組織全体のマンパワーを十分活かしきれていない...

活用方法イメージ写真

NaviLightを「マネジメントトレーニング」に活かす 実践型研修でリーダーが育つ

リーダー育成の一環でマネジメントトレーニングを実施しているが、その場限りの取組みで終わってしまうことが多く、実際のマネジメント...

楽しく使いやすい
システムを追求

分かりやすい診断結果画面

細かな数値を出しても、多くの人にとっては、何をすべきかがぼやけるだけ。
「どこに気をつければパフォーマンスは上がるのか」という点に関してはシンプルに「強み」「弱み」「隠れたポイント(回答に最もバラつきがあるもの)」の3つを表出。それと同時に3つのポイントに対する「問い」を提示することで、原因追及の対話ではなく、施策立案のための対話が進むような仕組みになっています(詳細結果も確認可能です)

分かりやすい診断結果画面イメージ

メタファ(キャラクター)で
感情へのアプローチをデザイン

人を動かすのは「理屈」ではなく「感情」です。「あなたのチームは20点です。その根拠は…」といくら理屈や正論をいわれても、チームのムードは悪くなり、リーダーのやる気を奪うだけ。
NaviLight(ナビライト)は、チームを俯瞰的に見る力を引き出すために、チーム状態を数字ではなく、メタファ(キャラクター)とコメントによって表現することで「うちのパッションズ、疲れきってるじゃん!笑」「前よりは元気出てきたね」のように、良くない結果であっても対話に「笑い」を生み、結果を前向きに捉えられるように表現しています。

パッション図の情熱の変化

大学研究機関によるデータ解析

実証研究によって
厳選された51の問い

NaviLight(ナビライト)開発元の日本経営では、大学研究機関との共同教育研究による「未経験課題解決のために必要な行動」に関する先行研究をもとに、その行動概念に対して信頼性・妥当性の高い質問項目を作成し、行動概念に対して、先行要因がどのように影響しているのかを検証しました。NaviLight(ナビライト)で使用されている51の問いは、高度な統計解析によってその有効性が証明できています。

※信頼性:全概念でクロンバックα係数0.7以上 妥当性:確証的因子分析因子負荷量は全質問項目0.4以上。確証的因子モデルへの適合度も満足できる値を確保

これらの先行研究と統計解析により、日本経営ではチームパフォーマンス向上には、4つの自己向上行動と4つのチーム向上行動の実践が欠かせないと定義づけました。さらに共分散構造分析によって、これらの行動力を高めるために高い影響力をもつ9つの先行要因を特定しました。

自己向上行動

  • 顧客貢献行動
  • 最善行動
  • プロセス改善行動
  • クリエイティブ行動

先行要因

  • チーム貢献への自信
  • チャレンジ精神
  • チームへの愛着
  • メンバー信頼
  • 心理的安全性
  • 顧客重視
  • プロセス重視
  • 仕事のやりがい
  • 目標共有

チーム向上行動

  • チーム力活用行動
  • チーム運営向上行動
  • メンバー支援行動
  • 発信行動
NaviLight

NaviLightは「先行要因」に働きかけ、メンバーの「自己向上行動」や「チーム向上行動」の向上に貢献します。

ニュース・プレスリリース

料金プラン

ご利用人数15人まで、20日間
無料で体験できます

無料トライアル

お申込

継続的に改善してほしいから120日が基本
(期間中3回以上のご利用をお奨めします)

基本プラン

120日間使い放題

(税別)

1〜30人
¥36,000
31〜60人
¥57,000
61〜150人
¥82,000
151〜300人
¥105,000
301〜600人
¥120,000
601〜1000人
¥150,000
お申込

40%OFFのお得なプラン
じっくり取り組めます

1年プラン

1年間使い放題

(税別)

1〜30人
¥64,800
31〜60人
¥102,600
61〜150人
¥148,500
151〜300人
¥189,000
301〜600人
¥216,000
601〜1000人
¥270,000
お申込

よくある質問

従業員がメールアドレスを持っていないのですが、利用は可能ですか?
ご利用に際しては、従業員一人ひとりに固有のメールアドレスが必要となります。会社用のメールアドレスをお持ちでない場合は、フリーメールなどを発行してご利用することも可能です。
基本は4ヶ月となっていますが、その期間中は何度でも実施できるということですか?
何度でも実施できます。チームの状態というのは刻々と変化するものです。そのため、定期的に確認し、チームでコミュニケーションを重ねていただくために、基本を4ヶ月としています。
契約期間中は、チーム編成を変えて実施することもできますか?
可能です。実際、異動やメンバー変更などが生じることもあると思われるので、そのつど、最新のメンバー編成で実施してください。
契約中に、新たに入社した社員などを加えることもできますか?
ご契約いただいている人数の範囲であれば、メンバーを新規で追加していただくことも可能です。ご契約いただいている人数の範囲を超える場合は、契約の変更が必要になります。そのため、人数が短期的に増加する見込みがある場合などは、余裕を持ったプランの選択をお勧めします。
兼務のスタッフもいるので、一人のスタッフを複数のチームに登録することもできますか?
できます。組織でのチームというと、どうしても部門や部署というイメージが先行してしまいますが、むしろ、プロジェクトチームや委員会など、横断的なチームにも大変効果的です。期間限定のチームほど、チームパフォーマンスを早期に高めなければ求められる成果を実現しにくくなると思われますので、ぜひ色々なチームにご活用ください。
最初に申し込んだ人数よりも対象者を増やしたい場合は、どうしたらいいでしょうか?
サポートセンターにて手続きさせていただきますので、お手数ですが下記連絡先までお問合せください。なお、契約途中における人数の削減はできかねますのでご了承ください。
アンケートの項目をアレンジしたり、項目を追加してもらったりすることはできるでしょうか?
申し訳ありませんが、変更や追加はできません。これは、NaviLightが診断システムであり、解決策提供システムであるためです。設問は高度に統計処理して診断しているため、設問内容や数などが変わってしまうと、根拠を持った診断をご提供できなくなるためです。ご理解のほどよろしくお願いします。
社内の部署ごとのチームパフォーマンスを比較したりすることはできるでしょうか?
比較を目的とすることはあまりお勧めしていませんが、管理者は全体の比較をすることが可能です。
チームパフォーマンスの経過を把握していきたいのですが、過去の結果も確認することができるでしょうか?
過去の結果は30回分保存されます。30回を超えると最も古いデータから消去されていくため、長期にわたって過去のデータを把握していきたい場合は、管理者画面からエクセルでデータをダウンロードして保存しておくか、チームパフォーマンスの毎回の結果をダウンロードして保存しておくことをお勧めします。